So-net無料ブログ作成
教育ニュース ブログトップ

小学校の英語授業が4年生からになる?英語必修化 [教育ニュース]

22日に行われた政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大総長さん)で、グローバル化への対応や
大学改革などについての提言案がまとめられました。


英語 授業



提言の柱となるのは、小学校英語教育の拡充です。


海外で活躍できる人材を育成するのが狙いで
現在小学校5、6年生で必修となっている「外国語活動」を正式な強化にして
専任の教師を確保することや、外国語活動が始まる年齢の引き下げ、指導時間の拡大などの
検討が求められました。


22日に記者会見した下村文化相は、海外の事例も参考にしながら、学習指導要領改訂を検討する考えを表明しました。
また、小学校の英語教育開始の目安として「4年生くらいと述べました。」



日本人は英語が苦手。とよく言われています。
日本人の傾向として、readingやlisteningはある程度できるけど、話すことは苦手なのだそうです。


日本では、授業で一生懸命ネイティブの発言に近い話し方をしようとする子がからかわれたりしますよね。
ネイティブの英語=恥ずかしい となってしまっては、グローバルで通用する英語は身につきません。


文法だけはなく、会話能力を身につけるために
英語教育がいい方向に変わっていってくれることを願います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
教育ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。