So-net無料ブログ作成
検索選択
病気ニュース ブログトップ

ニキビと似ている皮膚病「マラセチア毛包炎」正体はカビ! マラセチア毛包炎 [病気ニュース]

マラセチアというカビを知っていますか?
マラセチアは、ニキビや汗疹と似た皮膚炎を起こします。


最近雑誌などで取り上げられて、とても話題になっています。



ame.jpg




マラセチアによって起こる皮膚炎は、マラセチア毛包炎という病名となります。


マラセチアはカビ(真菌)で、日本では癜風菌とも呼ばれます。


マラセチア毛包炎は、胸、背中、肩から二の腕にかけて、額、こめかみ、首などにできます。
毛穴に一致して、ニキビや汗疹のような赤い小さなブツブツが
まばらにたくさんできて、ニキビと違って押しても中身が出ないでつぶせないのが特徴です。



マラセチア菌は、常在菌で誰の皮膚にもいる菌です。
菌は皮脂を養分にして増えるため、皮膚の中でも皮脂分泌が多い背中、
頭皮などに毛包炎が起こりやすくなります。




マラセチア毛包炎と、ニキビの治療薬は全く違います。
マラセチアは真菌なので、カビの生育を抑える抗真菌外用薬という薬が有効です。



マラセチア毛包炎は自然治癒しにくいので
おかしいと思ったら、皮膚科で見てもらってください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダニ媒介の疾患で男性死亡:ダニにさされたら [病気ニュース]

マダニが媒介する疾患「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」に感染して
2012年の11月に男性が亡くなっていたそうです。


草.JPG




これで「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」なくなった方は、
全国で9例目となります。



SFTS:重症熱性血小板減少症候群とは
多くの場合、ウイルスを保有しているマダニに咬まれることによって感染します。


SFTSの症状
ウイルスを保有しているマダニに咬まれてから、
6日から2週間程度の潜伏期間を経て発症します。


原因不明の発熱、食欲の低下、嘔気、下痢、嘔吐、腹痛等が出現します。
頭痛、筋肉痛、意識障害、けいれん、昏睡、リンパ節腫脹、呼吸器症状、出血症状などが
起こる場合もあります。



マダニは、家庭によくいるヒョウダニ、コナダニなどとは種類が違います。
マダニは固い皮膚に覆われた大型のダニで、森林や草地などの屋外に生息していて
市街地の周辺でもみられます。



ダニに咬まれたら
ダニ類のほとんどは、人や動物に取り付いて、皮膚に深く口器を突き刺し
数日から10日ほど吸血をし続けます。

無理に引き抜くと、マダニの一部が皮膚内に残ったり、感染症にかかる場合があるので
潰したり、ダニを直接とったりせずに病院に行きましょう。


マダニに咬まれた後に発熱や食欲の低下、嘔気、下痢、嘔吐、腹痛等が起こったら
早めに病院に行って「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」ではないか確認して貰ってください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
病気ニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。