So-net無料ブログ作成
検索選択
スポーツニュース ブログトップ

国内男子メジャー第二戦 日本ゴルフツアー選手権で「小平智」が初優勝! 使用ウェアはアドミラル、グラブは? [スポーツニュース]

国内男子メジャー第二戦「日本ゴルフツアー選手権 Shishido Hills」で
小平智選手が悲願のツアー初優勝を果たしました。



小平智




小塚選手は、前日通算12アンダーで単独首位に立つと、
1イーグル・4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの 70 でラウンド、
通算14アンダーとなり、悲願のツアー初優勝を飾りました。


** 今大会の順位 **

優勝:小平智(-14)
2位 T:S・K・ホ(-13)
2位 T:キラデク・アフィバーンラト(-13)
4位 T:S・J・パク(-12)
5位 T:デビッド・オー(-11)
5位 T:岩田寛(-11)
7位 T:松山英樹(-10)
7位 T:I・H・ホ(-10)
7位 T:I・J・ジャン(-10)

21タイからスタートだった松山英樹選手は、8バーディ・3ボギーの“67”をマークし、
通算10アンダー7位タイに順位を急浮上させました。



小平智




インターネットでは小平智選手のウェアやグラブがどこのメーカーの物だか
気になっている方が多いようです。


ウェアは(Admiral)アドミラルのゴルフウェアーを着ています。
小平智選手は、Admiralゴルフウェアと契約をされているそうです。



クラブは 2011年時点で、


ドライバー
タイトリスト 910D3ドライバー(ロフト:9.5度、シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD クアトロテック 75(X))

FW&UT
タイトリスト 910F フェアウェイウッド(ロフト:13.5度、シャフト:グラファイトデザイン ツアーAD クアトロテック 75(X))
タイトリスト 585・H ユーティリティ(ロフト:17度)

アイアン タイトリスト AP2アイアン 710(4-9番)

ウェッジ タイトリスト スピンミルド・シリーズ(ロフト:48、52度)
タイトリスト ボーケイ TVD ウェッジ C-C(ロフト:58度)
パター スコッティ・キャメロン スタジオセレクト ニューポート2
ボール タイトリスト PRO V1X(2011年モデル)

2013年のセッティングリストは登録されていないようです。


10歳~からゴルフを初めていたという小平智選手。
これからの活躍も見逃せないですね。

陸上・男子100メートル 10.01秒の桐生祥秀さん(17)ダイヤモンドリーグ出場決定と韓国出身の噂? [スポーツニュース]

陸上・男子100メートルで今年4月に10秒01をマークした、スーパー高校生の桐生祥秀さんが、
8月にモスクワで行われる世界陸上の日本代表入り&
ダイヤモンドリーグ第7戦の男子100mに出場することが決定しました。



桐生祥秀.jpg




第7戦は、6月30日にイギリスのバーミンガムで行われる大会です。
桐生祥秀さんは、主催者からの招聘によって参加が決定しました。


高校生が、ヨーロッパで開催されるレースに向けて、
このような形で主催者から招かれるのはとても異例なケースです。



桐生祥秀2.JPG




それだけ、世界的にも関心を集めている選手ということですね。







ところで、桐生祥秀さんが韓国出身だという噂が立っているのをしっていますか?


実際は、滋賀県彦根市出身なので、根も葉もない噂なのですが
どうして韓国出身だという噂がたったのでしょうか。



実は、桐生祥秀さんの見た目だけで韓国出身なのでは?という噂がたったのだそうです。


見た目で判断して噂が広まってしまうなんて、桐生祥秀さんにとても失礼ですよね。



他にも、桐生祥秀さんのお父さんが平和堂で働いているという噂もあるのですが
特に根拠がないようです。



平和堂.JPG




高校生なのに、すごい記録を持つ桐生祥秀さんのお父さんのことも、
関心を持つ方が増えているのでしょうか。


桐生祥秀さんが日本記録を打ち出してくれたら、お父さんやお母さん
テレビに出てくれるかもしれないですね。

サッカー元日本代表の奥大介容疑者に逮捕状。妻で女優の佐伯日菜子さんに 「今から殺しに行くから」と電話で脅迫した疑い 画像 動画 [スポーツニュース]

サッカー元日本代表の奥大介容疑者が、妻である佐伯日菜子を
脅迫した疑いがあるとのことで警察が6日逮捕状をとりました。
容疑が固まり次第、逮捕する方針です。





okudaisuke.jpg



妻・佐伯日菜子さんに「今から殺しに行くから」と電話で脅迫をした疑いです。


佐伯日菜子



奥大介は、Jリーグのジュビロ磐田などで、1994から活躍しました。
1998年からは日本代表にも選ばれて、国際Aマッチ26試合に出場しています。
1988年、2003年、2004年には、Jリーグのベストイレブンに選ばれています。



2002年に女優の佐伯日菜子さんと結婚してからは、夫婦で取材を受けるなど
夫婦2ショットで公の場に登場することもあったそうです。
仲がいい夫婦だと思っていたので、とても驚きました。



奥大介のオフィシャルブログでも、
コメント欄にこのニュースの書き込みがたくさん書き込まれています。
http://blog.livedoor.jp/daisuke_oku/


2人の子供お父さんなのに、奥さんを脅迫して逮捕なんて、子供たちが心配になってしまいますね。

本田決める!結果1-1 日本代表ブラジルワールドカップ出場決定 W杯アジア最終予選 2014 日本VSオーストラリア戦 [スポーツニュース]

19:30からサッカー日本代表 W杯アジア最終予選の試合が埼玉スタジアムで行われました。
結果は1-1 で、引き分けとなりました。



前半は0-0でしたが
後半はどちらのチームも何度もチャンスを作っていてすごく勢いがありました。

後半37分にオーストラリアのオアーが得点を決めました。
あとを追う日本は、後半46分PKのチャンスができ、
本田がしっかりとゴールを決めて引き分けとなります。

このまま試合が終了となり、引き分けで試合が終わりました。


ワールドカップ 出場決定


とても面白いゲームだったので日本サポーターの声援も、レフェリーの声や、
解説の声が聞き取りにくくなるくらい大きかったですね。


本田のゴールがあったので、本田は歴代日本代表の1大会でのW杯アジア最終予選
最多得点でカズと並びました。


この試合で引き分け以上だったので、5大会連続W杯出場が決定するとともに
ドイツ、南アフリカ大会に続いて、世界最速での出場権獲得となりました。


すごく盛り上がった、面白い試合でした。
最後のPKが決まった瞬間は、日本中で「ヤッター!!!」と歓声があがったはずです。

2014年6月4日の今日、FIFAワールドカップw杯 ブラジルアジア地区最終予選(埼玉スタジアム)日本代表:日本VSオーストラリア テレビ朝日にて18:30~ 本田の得点にも注目。 [スポーツニュース]

今日6月4日は、FIFAワールドカップ ブラジルアジア地区最終予選です。
対戦相手はオーストラリア代表です。


この試合で引き分け以上だった場合は、5大会連続W杯出場が決定するとともに
ドイツ、南アフリカ大会に続いて、世界最速での出場権獲得となります。
(開催国除く)


今大会で本田が得点を決めると、歴代日本代表の1大会でのW杯アジア最終予選最多得点で
カズと並びます。
本田の最終予選5点目にも注目が集まっています。

w杯 2014



日時:2013年6月4日(火)19:30キックオフ
場所:埼玉スタジアム2002

放送:テレビ朝日にて 18:30~



** 日本出場メンバー **

GK
1 川島永嗣
12 西川周作
23 権田修一

DF
3 駒野友一
15 今野泰幸
16 栗原勇蔵
2 伊野波雅彦
5 長友佑都
6 内田篤人
22 吉田麻也
21 酒井宏樹
酒井高徳

MF
7 遠藤保仁
14 中村憲剛
17 長谷部誠
13 細貝萌
本田圭佑
20 高橋秀人

FW
18 前田遼一
岡崎慎司
11 ハーフナー・マイク
19 乾貴士
10 香川真司
8 清武弘嗣
25 工藤壮人
26 東慶悟

** オーストラリア出場メンバー **

GK
シュワルツァー
ガレコビッチ
ランゲラク

DF
ニール
オグネノブスキ
ウィルクシャー
ノース
スウェート
コーンスウェート
ズッロ
フラニッチ
マクゴーワン

MF
ブレシアーノ
マッケイ
ホルマン
ジェディナク
ミリガン
クルース
ホランド
オアー
ロジッチ

FW
トンプソン
ケーヒル
ケネディ
ブロスケ
ビドシッチ

ブルガリアとの対戦だったキリンチャレンジカップ2013 豊田スタジアム 完封負け [スポーツニュース]

ブルガリアとの対戦だったキリンチャレンジカップ2013 豊田スタジアム 完封負け


2013年度のキリンチャレンジカップが豊田スタジアムで5月30日に行われました。
対戦相手はブルガリアでした。


キリンチャレンジカップは、サッカー日本代表が行う親善試合で、日本サッカー協会が主催する試合の名前です。
キリングループのサッカー日本代表支援プログラムの一環として行われています。


前回2月6日にホームズスタジアム神戸でラトビアと対戦した時には、3対0で勝利を収めた日本代表。


今回、日本は3-4-3のフォーメーションで、今回長友佑都はベンチでのスタートとなりました。

開始3分の時に、ブルガリアチームにゴール前でフリーキックを与えてしまい
タニスラフ・マノレフに無回転のシュートで先制されてしまいます。


70分の時にも追加点が入り、2失点で完封負けとなりました。



日本チームも頑張っていたと思うのですが、残念ですね。



次回は6月4日、埼玉スタジアムで行われるオーストラリア戦で、ワールドカップアジア最終予選になります。
次の試合も楽しみですね。
スポーツニュース ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。